ごあいさつ

初めまして、オーナーセラピストの宮城ルミです。

当サロンで取り入れているエンドリングフェイシャルは、全く痛くないのに、1回の施術で効果を実感できます。小顔矯正は痛いと思っているあなた、当サロンの施術は全く痛くありません。気持ちが良すぎて、眠りたくなる程です。痛みがあるほうが、効果が出ると思い込んでいませんか。当サロンの小顔矯正は、全くの無痛ですが結果が出る施術ですので、その場で鏡を見て確認していただくことができます。次の日には元の通りという施術とは違い、効果が長持ちします。

そんな結果が出るエンドリングフェイシャルという技術で、沢山の方を美しくして幸せになってもらいたいと、サロン名を皆(MINA)がさらに美(MI)しくなるようにと「MINAMI」と命名しました。あなたも是非エンドリングフェイシャルの効果を体感して、私と一緒に幸せな未来を手に入れませんか。あなたにお会いできるのを心よりお待ちしております。

 

自己紹介

1976年2月 名護市生まれ

県内の大学を卒業後、長年事務職をしていました。

32歳で結婚し、35歳と39歳で子供を出産。子宝に恵まれたものの、自分のことは後回し、仕事に育児・家事と毎日時間に追われる慌ただしい生活をしていました。

そんな生活を続けている中、気が付いたら、たるみによる老け顔に・・・。「年を取ったなぁ」「年取ったから、しょうがないのかなぁ」「鏡を見るのも嫌だなぁ」と思っていました。

そんな時、たまたま出会ったエンドリングフェイシャル。全く痛みはなく、気持ちよくて寝ているだけだったのですが、1度の施術で、気になっていた瞼のたるみが改善され、目が開くようになったのです。また、私は噛み締めがあり顎周りの筋肉がガチガチになっていたのですが、筋肉を解きほぐしてもらったお陰で、口を開けるのも軽く楽になり、フェイスラインがスッキリしたのです。

そんな効果に驚き、エンドリングフェイシャルについて調べていたところ、開発者の杉江優美先生が直に教える最後のクラス募集の記事が目に留まりました。(現在は、認定講師の方々が技術のご指導をされています。)このタイミングに運命を感じ、杉江先生から直に技術を学びたく入学を決断します。

授業で練習をしていく中で、私も同期のみんなもどんどん顔が変わっていきました。そんな技術の高さに感銘を受け、より沢山の方々に技術を提供して笑顔になってもらいたいとの思いが強くなっていき、エンドリングフェイシャルの資格を取得し、サロン開業を決意いたします。

そして、新たな時代の幕開けの令和元年にサロンをオープンする運びとなりました。今の私があるのは、これまでの様々な経験、沢山の方々との出会いのお陰だと感謝しています。

これからは、地域に根差したサロンとして、頑張っている女性がより輝いて笑顔になるお手伝いをし、地域社会に貢献していきたいと思っています。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

たるみ専門・小顔矯正サロン MINAMI
 ~皆(MINA)を美(MI)しく~
    宮城 ルミ


トップページに戻る